認定看護師編

リウマチケアナース

準備中

リウマチケアナース

日本リウマチ財団 登録リウマチケア看護師
整形外来で、リウマチ担当医師の診察日にリウマチの患者さまを対象に、リウマチの病態や検査値の見方、内服薬や生物学的製剤、日常生活の注意点について1対1で指導しています。医師の診療時間は限られているので、患者さまの不安が少しでも軽減できるような場となればと考え関わっています。看護外来を開始してから、患者さまとの関係も深くなり、コミュニケーションも図れ、毎日楽しく仕事ができています。

INE(インターベンションエキスパートナース)

INE(インターベンションエキスパートナース)

INE(インターベンションエキスパートナース)

私達INEは循環器病棟と兼務し、主に虚血性心疾患や閉塞性動脈硬化症などの治療に携わっています。
INEとはインターベンション治療を受ける患者さまが安心して検査、治療を受けられるよう関わっていく役割をしています。
血管造影室では多職種間のチームワークが大切です。定期的な症例カンファレンス、合同勉強会の開催をすることで情報共有し、患者さまにより良いチーム医療を提供できるように日々、頑張っています。

認定看護師

がん性疼痛看護認定看護師(Cancer Pain Management Nursing) 遠藤覚子
この分野を選んだ理由は、臨床の中で1番多い症状が「痛み」です。多くの患者さまと接し、その痛みを少しでも最小限にするために、知識と技術を身につけたいと思い、この分野を選びました。

緩和ケア認定看護師(Palliative Care) 吉田早苗
この分野を選んだ理由は、最期までその人らしく、生きていくことを支えていきたいと思い患者さまと関わってきましたが、苦しんでいる患者さまに対して何も出来ない自分に無力さを感じ、緩和ケア認定看護師になることを決意しました。

集中ケア認定看護師(Intensive Care) 安田あゆみ

この分野を選んだ理由は、以前勤めていた病院に集中ケア認定看護師の先輩がおり、アセスメントの方法を教わり、見守ってくださったおかげで安心して仕事をすることが出来ました。私もそのような頼りがいのある看護師になりたいと思い、選びました。

感染管理認定看護師(Infection Control) 菊地裕子
この分野を選んだ理由は、手術室勤務をしていた時に感染に関する疑問に何度もぶつかり、もっと広く正しい知識を得たいと思ったのがきっかけで認定看護師を目指しました。

皮膚・排泄ケア認定看護師(Wound, Ostomy and Continence Nursing) 遠山由子
この分野を選んだ理由は、褥創委員会に参加し、創傷ケアを学ぶことから、スキンケアに興味を持ち、認定看護師の資格を修得しました。