各部署紹介

医療安全管理部門

医療安全管理部門

メンバーは、医師・看護師・薬剤師・放射線技師・臨床工学技士・理学療法士・医療相談員・総務課・医事課・医療安全管理者の多職種10名で構成されています。
毎週金曜日に院内の医療安全に関わる事項を検討しています。そして必要に応じて、各部門で報告したり、注意喚起も行います。
私たちは医療安全推進者となり、患者さまやご家族のみならず、職員の安全も担保できるよう活動しています。

感染対策チーム

感染対策チーム

メンバーは、医師・看護師・薬剤師・検査技師・医事課の多職種で構成されています。
毎週金曜日に「抗菌薬が適正に使用されているか」「耐性菌の検出状況に見合った感染対策が出来ているのか」等の内容を検討しています。
また院内のラウンドを行い、各部署が適正に感染対策が行えるよう、助言も行っています。
私たちは患者さまやご家族はもちろん、職員や病院を利用するすべての方々を感染から守るために活動しています。

栄養サポートチーム

栄養サポートチーム

栄養サポートチームは、入院患者さまに最良の栄養療法を提供する為に構成された医療チームです。
管理栄養士を中心に医師・歯科医師・看護師・薬剤師・理学、作業療法士言語聴覚士・歯科衛生士・臨床検査技師が各自の専門性を活かし患者さまの栄養に関わる問題点に焦点を当て関わっています。
今までは、摂食嚥下の活動が中心でしたが、今年から経管栄養の種類を増やし補助食品や、勉強会、マニュアル作り等により1年で患者さまの栄養環境が良くなりました。まだまだ栄養にかかわる分野ではスタートしたばかりですがやる気のある先生やメンバーを中心に個別性のあるかかわりを目指して楽しく活動しています。 
 
NSTラウンド     1回/週 口腔ケアや接触嚥下に関わるラウンド

NSTカンファレンス   1回/2週 栄養治療に関わるカンファレンス


呼吸ケアチーム

呼吸ケア委員会

呼吸ケアチームの紹介
RST(Respiration Care Support Team)は人工呼吸器からの早期離脱、人工呼吸器関連肺炎の予防、早期離床を目的として、週に一度院内ラウンド、月に一度ミーティングを行っています。
呼吸器内科の坂東橋医師をリーダーとする多職種協働の取り組みで、毎月呼吸ケアに関する様々な研修会を実施、次年度からは3学会合同呼吸ケア認定士受験のための研修会を計画しています。

BLSインストラクター

BLSインストラクター

年に数回、院内で一時救命法の講習会を開催しています。
病院全職員を対象とし、AHAの国際ガイドラインを基準とした講義と実技を行っています。
看護部のAHA・ICLSのプロバイダーやインストラクター達が開催にあたり、明るく楽しく講習会を受講できることと、実践に活かせる講習会を目指しています。

褥瘡対策委員会

褥瘡対策委員会

褥瘡対策委員会は、院内における褥瘡に関する危険因子を討議、検討し効果的な推進を図る事を目的として設置された委員会です。
皮膚排泄ケア認定看護師を中心とした、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、医事課、リハビリの多職種で構成されています。
褥瘡発生患者さまのラウンドを行う『治療斑』(週1回)と、褥瘡発生リスクの高い患者さまのラウンドを行う『予防斑』(月1回)を行っています。
院内勉強会や院外研修会参加も積極的に行っています。皆で楽しく学びながら、考えながら、院内の褥瘡予防に努めています。