各部署紹介

外来・救急外来

外来・救急外来

外来・救急外来

対応科や業務内容を教えて下さい。
各診療科の診療介助・透視系検査介助・内視鏡・採血室
救急外来では、様々な診療科適応の患者さまが訪れ、検査、処置、治療の介助を行います。


部署のアピールポイントはどんなところですか?
「今日は落ち着いているね」 とホッと胸をなで下ろす日もあれば、一度に重篤な患者さまが重なることもありますが、スタッフ1人1人がチームワークと笑顔をモットー!に誇りを持って働いています。

日帰り手術センター・化学療法センター

DS

日帰り手術センター・化学療法センター

対応科や業務内容を教えて下さい。
<日帰り手術センター(DS)>
患者さまの仕事や生活上の理由に合わせた医療形態を提供しています。手術前日や術後に連絡し、不安や疑問、帰宅後の疼痛や症状、日常生活の注意点などにお応えできる体制を整え、安心に繋げています。
<化学療法センター(ケモセンター)>
化学療法は、精神的苦痛、身体的負担がご本人、ご家族を含めて長く続く治療です。
身体的な観察だけでなく、患者さまやご家族の来院時の表情、他愛のない会話なども大切にして、治療の間の小さな変化も見過ごさないよう心がけています。


部署のアピールポイントはどんなところですか?
スタッフはママさんナースで構成されています。仕事の相談だけでなく、子供の悩みや不安なども話し合えて、分かり合える事も多いようです。
みんなで助け合い、カバーし合おうと思ってくれるスタッフばかりで、暖かい雰囲気の穏やかな部署です。

手術室

手術室

手術室

対応科や業務内容を教えて下さい。
手術室は7部屋あり、2部屋がクリーンルームです。外科、頭頚部外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器外科、心臓血管外科、眼科、口腔外科の手術を行っています。
直接介助看護師は、術野下で手術がスムーズに進むよう器械出しを行い、間接介助看護師は麻酔科医師と連携を取りながら、術野外から手術をサポートします。また、中央材料室では、手術器械だけではなく、病棟で使用している鋼製小物を含めた器械の洗浄・消毒・滅菌を行い管理しています。


部署のアピールポイントはどんなところですか?
多くの科の専門知識・技術を身につけることができます。解剖学的知識をリアルに学ぶ事ができます。手術室は、医師・看護師・クラーク・看護補助者・放射線技師・臨床工学技士・薬剤師等とチーム一丸となって安全かつ円滑な手術運用に努めています。

透析センター

透析センター

透析センター

対応科や業務内容を教えて下さい。
透析センターでは主に腎不全に対する治療として血液透析を行っています。
他に多種の血液(アフェレーシス)療法を行っています。総合病院に併設しているため、透析導入や外来維持透析だけでなく合併症や心臓カテーテル、手術などにより各科に入院されている患者さまの血液透析にも対応しています。
他職種のスタッフと連携を取り合い、総合的なチーム医療を目指しています。


部署のアピールポイントはどんなところですか?
・透析看護の経験豊富なスタッフが多いので、専門性のある知識・技術の向上をさらに高めていく事ができ、学びの多い職場です。
・患者さまの生活に寄り添った、個別性のある看護・指導を目指し努力しています。

健診センター

健診センター

健診センター

対応科や業務内容を教えて下さい。
健診センターでは、『健康状態のチェック』『生活習慣の改善』を目的とした日帰り人間ドック及び脳頚椎ドック・肺がん健診・メタボリック健診・乳がん検診・子宮がん検診・生活習慣病予防健診・一般健診・特定健診、鎌ケ谷市近郊の事業者さまを対象とした巡回バス健診などを行っています。感染予防の一環として、各種予防接種を実施もしています。また、保健指導としてライフスタイルへの提案や健康管理のアドバイスなど、受診者さまが健康な生活を送るためのお手伝いを行っています。


部署のアピールポイントはどんなところですか?

疾病予防と早期発見を何よりも重要と考え、健診業務や健康指導のため、健康の知識が増えます。医師・保健師・事務員と協働しており、受診者さまが気持ちよく健康診断を受診できるように笑顔・接遇を大切にしています。

☆2016.6~2017.5 画像ギャラリー☆彡

☆2015.12~2016.5 画像ギャラリー☆彡