ブログ

レベルⅠ 急変対応・6ヶ月の振り返り編

レベルⅠ 新人研修
こんにちは☆ レベルⅠ担当の5西主任のナースマン通村と4西副主任の長谷川です(*^_^*)/
最近、天気がぐずついている日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

当院、レベルⅠメンバーはついに、6ケ月を迎える事が出来ました~!!
一人一人が乗り越えてきた6ケ月

それは・・・

初めて親元を離れた6ケ月

親元を離れて親のありがたさを知った6ケ月

一人暮らしを始め自炊を始めて6ケ月

社会に出て組織を知った6ケ月

職場環境に必死に慣れようとした6ケ月

気づけば同期に支えられていると気づいた6ケ月

・・・それぞれが【6ケ月】をどんなふうに過ごしたのか、一人ひとり発表してもらいました(#^.^#)
制限時間3分では足りないくらいに想いがあふれ出ていました。

この振り返り発表を聞いて感じた事、それはこの想いを拾い上げ、受け止め、育てていくのが私たちの役割なんだと再確認しました。
ゴールデンタイムはあと6ケ月。前進あるのみです!

 



そんな感動の6ケ月の振り返りとセットで行われたのが【急変対応研修】でした。



殆どのメンバーが急変を目の当たりにしたことがあると答えていましたが、いざ急変に直面すると、「体が恐怖で固まってしまった」「頭が真っ白になった」「ただただ怖かった」など後ろ向きな意見が大多数でした。これは当たり前!私自身も足がすくみます!だからこそ伝えたかった事。

それは【急変の時こそチームワーク!みんなを頼ろう!】ということ。

演習では本番さながらに役割を決め、何度も何度も練習しました。やっていくうちに、声は出るようになり、フットワークも軽くなってきたのがわかりました!

急変はいつ直面するかわからない、だからこそ、その時の為に、患者さまを救うために、この研修だけで終わらせることなく、日頃からシュミレーションをして欲しいと感じました。
さあ、また明日から頑張ります!